動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
当動物病院のコンセプト
診療内容
手術・麻酔について

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
院長・副院長紹介
スタッフ紹介
病院施設紹介
アクセス方法
志成会

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
勉強部屋(随時更新)
資料閲覧の図書室
動物病院の倉庫(Q&A)
動物病院関連リンク
副院長の独り言 VOL2
副院長の独り言 VOL 1

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
お知らせ
質問受付
患者様専用

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
トピックス (豊島区 動物病院)
☆院長の講演が教育用DVDとして発売されました。ご興味のある方は、紹介HPをご覧ください。
 獣医師・動物看護師向けですが、獣医療一般や動物の共生についても詳しくお話しておりますので、
 飼い主さんにもご理解いただける内容です。
 https://www.mlritz.com/mredirect.php?p1=149&p2=2561&p3=0&p4=8533&code=ML0616A

トピックス (豊島区 動物病院) 
☆新型コロナウイルス感染症(Covid-19)への当院の対応について(21.02.01更新)
 東京都での現況を鑑み、原則予約制と病院待合室への入室人数の制限を行なう現診療体制を
 当面の間は継続させていただき、以降の体制は随時判断することといたします。
 合わせて、下記トピックスにあるような感染予防対策も継続いたします。
 変更の場合は、ご来院時に印刷物や口頭でのご説明、病院掲示板およびHPにて告知いたします。
 詳しくは、上の犬の顔マークをクリックしてください。

 動物福祉と人の健康を守るため、ご自身でもマスク着用や手指消毒、ソーシャルディスタンス維持など、
 体調管理や感染予防にお努めいただき、感染拡大と再燃を防ぐようご継続下さい。
 皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

トピックス (豊島区 動物病院) 
☆病院施設の新型コロナウイルス感染症予防対策について
 従来のマイナスイオン・微細ミスト発生型空気活性システムによる空気清浄や 
 トゥルーライトの使用に加え、手指および施設消毒の徹底、設備の交換
 などを実施しております。詳しくは、上の犬の顔マークをクリックしてください。

トピックス (豊島区 動物病院) 
☆ご予約について(21.02.01更新)
 診療のご予約は、お電話にて診療時間内にお願い致します。1ヶ月前より受け付けております。
 継続治療や定期治療、定期健診の方は3ヶ月前からのご予約も可能です。
 詳しくは、上の犬の顔マークをクリックしてください。

トピックス (豊島区 動物病院) 
☆癌免疫治療であるICG修飾リポソーム治療と光免疫誘導療法、SSMワクチン接種の治験に参加しております。
  従来から行っているアガリクスやメシマコフ、ハタケシメジ、AHCC゙などのキノコ抽出物やキトサン製剤、D-12、インターフェロン、
  紅豆杉など免疫調整作用を持つ薬剤や漢方薬、サプリメントでの治療と併用することで、一定の成果が
  得られております。あくまで臨床研究の治験段階の治療法ですので、治療法の確立にご協力いただける
  ことと効果と副作用について、ご理解いただいたうえで選択できる治療法です。
  詳しくは、上の犬の顔マークをクリックしてください。

トピックス (豊島区 動物病院)
☆動物看護師募集(獣医師の募集は、定員に達したため終了しました)
  本年および2022年度より勤務可能など動物看護師を募集いたします。
  詳しくは当HP「お知らせ」をご覧ください。

トピックス (豊島区 動物病院)
☆食事療法食・処方食をご注文される方へ
  ご注文方法を簡単にまとめさせて頂きました。お電話だけでなく、FAXやメール、HPやスマホサイトの
  注文フォームからも24時間受け付けております。上の犬の顔マークをクリックしてください。
  また、シグニケア(元プロミクロス)やロイヤルカナンプレミアムフード、ドクターズケアによる、処方食宅配システムもございます。
  お問い合わせください。

 
豊島区、巣鴨駅近くにある犬・猫専門の動物病院です。
やさしく、ていねいに、じっくりと、をモットーに動物だけでなく飼い主さんの
幸福も考えたトータル・ケアを重視しています。

多くの講演や著作、学会運営や委員など、獣医業界で指導する立場にある院長を中心に、
獣医師と動物看護師によるチーム診療を行なっております。また、大学病院や二次病院、救急病院、
外部検査機関とも綿密な連携医療を行なっております。

特に外科手術や半導体レーザー手術・治療、麻酔疼痛管理、腫瘍疾患、心臓疾患、血液疾患、
消化器疾患、腎泌尿器疾患、皮膚疾患、アレルギー・免疫疾患、内分泌疾患、
神経・整形外科疾患、栄養指導、しつけ指導に力を入れています。

獣医師・看護師の見学・実習および小中学校・高校のキャリア教育の一環として行われている
「職場体験」を受け入れております。ご協力、よろしくお願い致します。 
お電話またはメールにてお問い合わせください。

診療内容:犬猫を専門とする動物病院
所在地:東京都豊島区北大塚1−2−13

トピックス (豊島区 動物病院)
<過去の更新履歴です>
「お知らせ」 迷子・里親募集のお知らせ 更新しました(211125)
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.11.22)
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.07.30)
「院長(元副院長)の独り言」 更新しました
「お知らせ」 おすすめの動物イベント 更新しました
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.07.28)
「病院紹介」 院長紹介 【著作】【DVD】 更新しました(21.07.06)
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.06.15)
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.04.27)
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.03.25)
「お知らせ」 おすすめの動物イベント 更新しました
「病院施設紹介」 DRデジタルラジオグラフィ 更新しました
            次亜塩素酸水生成装置 更新しました
「トピックス」 病院施設の新型コロナウイルス感染症予防対策について 更新しました(21.03.04) 
「トピックス」 予約診療について 更新しました
       新型コロナウイルス感染症(Covid-19)への当院の対応について 更新しました
「お知らせ」 臨時休診・診療時間変更のお知らせ 更新しました(21.03.01)



創立昭和27年10月、前院長が設立。当時は、「犬や猫を病院に診せるなんて」という考え方が多く、
「犬猫病院」は珍しかったようです。そのため、「久山家畜病院」という名前で、大動物(この辺
ではヤギが多かったようです)も診ることがあったとか。ただ、犬と猫の勉強ばかりだった院長は、
こっそり本を見ながら大動物を診ていたそうです。今では、獣医師といえば小動物、という感じ
ですが(本当は、大動物や人畜共通感染症、環境衛生なども重要なんです)・・・。今では
代々勤務の獣医師(当時は徒弟制度のような感じでした)の先生方は、日本全国に数十人、
現在も活躍されています。

1993年より、診療は、現院長が主体となって行っており、このHPの管理と更新も行なっています。
HPの中で表現が一人称の場合、僕、現院長のことを指します。
動物とひとえに言っても、身体の構造や生理・代謝など異なります。たとえば、胃の数(反芻動物は4個も
あります)、歯の数、骨の形・・・、挙げだしたら限がありません。実は、犬と猫も似て異なる動物、全く違うの
です。そのため、久山獣医科病院(豊島区)では犬と猫で精一杯、それで犬と猫専門の動物病院に
なりました。

   豊島区 久山獣医科病院/診療内容
当動物病院では、必ず一人で判断せず、スタッフ間にてディスカッションを重ねて診療を進めていきます。
そのため、時間がかかることがありますが、より良い診療を行い、医療過誤を防ぐ手段として、
お互いがお互いの診療内容をチェックするというシステムで診療しています。副院長が不在の際は、
原則休診としております。皆がそろって100%の病院という考えの下、いつも100%のチーム診療を
心がけようと、そのようにしております。極力ご迷惑をおかけしないよう、日直が休診日も出来るだけ
対応いたします。

COPYRIGHT(C)2005 動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院 ALL RIGHTS RESERVED.