動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
当動物病院のコンセプト
診療内容
手術・麻酔について

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
院長・副院長紹介
スタッフ紹介
病院施設紹介
アクセス方法
志成会

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
勉強部屋(随時更新)
資料閲覧の図書室
動物病院の倉庫(Q&A)
動物病院関連リンク
副院長の独り言 VOL2
副院長の独り言 VOL 1

動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院
お知らせ
質問受付
患者様専用

動物病院 東京都 久山獣医科病院

その他
〇獣医師・動物看護師の求人募集を行っております。
本年即時および来年度から就業可能な方の募集です。詳しくは、上記タイトル「その他」をクリックしてください。

○VESENA講演会での院長の講演が、You Tubeにアップされています。よろしければ、ご覧下さい。

 VESENA ホームページ http://www.vesena.org/

 http://www.youtube.com/watch?v=dl3uBOIpveA

 http://www.youtube.com/watch?v=nDAdwZPeGKs


<当院HP http://www.kuyama-vet.com の他に!お役立ち情報満載の下記HPもご利用ください。>

○医薬品メーカーのインターネットサイト「my Vet ONLINE」に当院HPを開設しました。
当院ページ http://www.mvol.jp/kuyama/

○以前取材を受けましたサイバースター社のインターネットサイト「i-spotペット」に当院HPを開設しました。
トップページ http://pet.ispot.jp/kanto/ 
当院ページ http://pet.ispot.jp/s/kuyama-vet/
モバイルサイト http://mobile.ispot.jp/s/kuyama-vet/

当院モバイルサイト 内容は、PCのHPと同じですが、携帯電話ご利用の方はこちらをどうぞ
http://mobileplus.jp/?id=100188

<免疫・再生治療について>
 企業のご協力により、治験という形で当院でも免疫・再生治療を行う事が出来るようになりました。
「臍帯血」または「培養幹細胞」の移植(注射)による治療法で、悪性腫瘍、免疫介在性疾患、血液疾患、
アトピー・アレルギー疾患、難治性皮膚疾患、炎症性疾患、感染症、内分泌疾患、神経疾患、肝疾患、腎疾患など
効果が認められている疾患が多岐にわたり、副反応も少ないのが特徴です。
 詳しくは、病院にてお尋ねください。

<テレビ放送>
2008年9月16日(火)午前4:25頃放映 日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」 「ココが知りたい!」というコーナー
                         放送終了 熱意のある取材と丁寧な番組つくりに感謝!でした。
番組HP http://www.ntv.co.jp/oha4/ でも紹介されています。左メニュー「ココが知りたい!」のバックナンバー内

2010年12月22日(水) 笑っていいとも 「あなたの(おそらく)知らない世界〜獣医師編」

2015年12月16日(水) TBSテレビ「水トク!犯罪列島2015」 「チワワの密売!動物虐待!」

2016年3月11日(金)  トシマテレビ「ドキ!ワク!生放送 としまチャンネル〜としま情報スクエア」 「狂犬病予防について」


<雑誌掲載のお知らせ>
獣医師向け雑誌CLINIC NOTE 2009年10月号((株)インターズー発行)に、全身麻酔についての原稿
を書きました。以前に連載した記事は、全身麻酔を行うまでの総論、今回は実際に全身麻酔を行う際
の総論と各論という内容になっています。この二つの雑誌で、現状での自分の全身麻酔に対する集大成
と考えています。「副院長の独り言 10月16日更新分」「勉強部屋」にアップしました。

獣医師向け雑誌CLINIC NOTE12月号((株)インターズー発行)に、皮膚疾患の検査についての原稿を
書きました。「副院長の独り言(12月30日更新分)」「勉強部屋」にアップしました。

LOGOSDON 第76号「職業人の生きがい探求16・獣医師」の取材を受け、この度発刊されました。
「副院長の独り言(12月4日更新分)」にアップしました。

獣医師向け雑誌NJK Vol.78 2008年2月号 〜急がば回れの麻酔講座〜 隔月連載を担当しています。
「副院長の独り言(2月号:2月26日、4月号:4月8日、6月号:6月4日、8月号:8月19日、10月号:10月14日
更新分)」「勉強部屋」にアップいたしました。

女性セブン(6月26日号) 狂犬病についてお答えしました

<インターネットテレビ>
 「e-dog.tv 犬番 健康パトロール」2007年10月10日水曜日16時放映「麻酔について」取材にお答えしました。
 HP「e-dog.tv」 http://e-dog.tv/ にて紹介されています。

<インターネットサイト>
 (株)サイバースター社の運営いたしますインターネットサイト「i-spotペット」の取材を受けました。
 ご興味のございます方はぜひご覧ください http://pet.ispot.jp/kanto/


<献血プログラム参加のお願い>
詳しくは、当院HP資料閲覧の図書室をご覧ください。
        

臨時休診・診療時間変更のお知らせ
<誠に申し訳ありません。ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。>

☆院長不在の日程
<不在の際は、院長が担当する超音波検査や特殊な処置などが行えません>

 〇10月21日(土) セミナー    16:00以降

 〇12月09日(土) 学会運営   全日


☆診療時間変更
 
 〇12月08日(金) 学会役員会のため、午後の診療は予約制とさせていただきます。

 〇12月09日(土) 学会運営のため、予約制とさせていただきます。

     
☆診療日変更

 〇11月23日(木) 祝祭日ですが、平常通りの診療を行います。

 〇12月23日(土) 祝祭日ですが、平常通りの診療を行います。

 〇12月27日(水) 手術日ですが、平常通りの診療を行います。


☆臨時休診(急患の方と事前予約の方のみ、平日の診療時間内に限り外来診療を行っています)

 〇11月04日(土) 

 〇12月25日(月)

 〇12月30日(土)〜01月05日(金)

里親募集・迷子のお知らせ
☆三毛猫ちゃんの迷子
 2014年8月1日(金)から、迷子になっています
 特徴:避妊手術済のメス、尾の先がたくさん曲がっている。犬歯以外の歯がほとんどない。尿漏れをしている。
 連絡先:キタザワさん 090-1699-2758

☆猫ちゃん(mix)の迷子
 2013年10月4日(金)から、巣鴨5丁目で迷子になっています。
 名前:カトリーヌ
 特徴:サビ(茶黒)、カギ尾、避妊♀、赤い首輪(名前と電話番号)
 連絡先:タツミさん 090-1842-9425

☆セキセイインコちゃんの迷子
 2013年4月10日(水)から迷子になっています。
 名前:ピッピ
 特徴:黄色、「ピッピおいで」と呼ぶと頭や肩に飛んでくる
 連絡先:03-3945-1098

☆ロングヘア・チワワちゃんの迷子
 心臓病を持病に持つため、心配です。保護された方、重要な情報を提供くださった方には10万円の謝礼金を準備されています。
 名前:フィービー
 特徴:♀、8歳、恐がりな性格、白地に薄茶の毛色、背中に茶色い模様、胴長でやせ形
 連絡先:アイペット探偵局 070-6589-7546
       アベさん      080-5649-2288

☆一般社団法人東京動物環境支援協会・山猫庵(子猫の保護)
Tel 03-3814-8728 Fax 03-5684-1751
bunkyoneko@rainbow.plala.or.jp
http://yamanekoan.fan-site.net/

☆ネイバーズプラネット里親支援
Tel 090-8452-3992 サトウ
isazi@tcn-catv.ne.jp

 
<おねがい>
 ペットショップやブリーダーさんをお探しになる前に、里親捜しの動物たちをお引取りになられるという方法が
あることを、一度だけでも考えて頂けると嬉しいです。各地域の保健所や愛護センター、各種団体で1年365日、
募集をされています。もちろん難しさはあるかもしれませんが、生まれや育ちの不幸から救われる子が、貴方
のお力で増えるかもしれません。

 動物を飼われようと考えられる方は、必ず動物についてや人との共生についてよく考え、おうちの事情や
今後の生活なども考慮にいれて、決断してください。動物と生活を共にするということは、楽しく癒し癒される
こと、だけど難しいことや辛いことも必ずあります。病気や悲ししお別れも。全部含めて、動物の生涯を
ずっと寄り添い、愛する覚悟が出来ているか、自問自答してください。

 そして、引き取られる予定の動物としっかりと触れ合い、必ずショップや保護されている方と現状や条件、
今後の事などを充分話し合った後、引き取ってあげてください。相手が信頼に値する方なのか?、動物の
健康状態は?、いろいろ確認しなければいけないこともあります。

 保護されている方は、引取りにみえた方が充分生命を預けるに足る方か、しっかりと見極めてから動物を
託してあげてください。また、元々ご家庭に犬や猫がいらっしゃる方も多いため、健康状態の把握や感染症・
寄生虫の有無、ワクチン接種などを済ませて頂くことで、引き取り後の体調不良や先住動物の危険も
避けられますので、ご負担も大変だと思いますが、よろしくお願いします。

 「里親さんを捜してあげよう」「里親さんになってみよう」 そう考えていただけるだけでも、動物たちは幸福
です。ただ、その善意を悪用する方もおり、最近はトラブルも絶えません。
 くれぐれも、動物と善意の人が、嫌な思いをしない関係を望みます。

おすすめの動物イベント
☆平成29年度JAHA年次大会 東京ミーティング 市民公開講座
 日時:2017年10月28日(土) 「犬ともっと幸せに!〜Let'ts try ! JAHA家庭犬マナーチャレンジ!」ほか
     2017年10月29日(日) 「図書館に犬がやってくる〜子どもが犬に読み聞かせ」ほか
 場所:東京大学農学部 弥生講堂一条ホール
 問い合わせ:(公社)日本動物病院協会 http://www.jaha.or.jp
Tel 03-6262-5252 Mail info@jaha.or.jp

☆第6回ペットとの共生推進シンポジウム「ペットとの“真の共生”を目指して」〜人と動物の福祉を推進する〜
 日時:2017年11月19日(日) 10:00〜16:30
 場所:東京大学 弥生講堂・一条ホール
 主催:ペットとの共生推進協議会 http://www.pet-kyousei.jp
     Tel 03-5289-7040 Fax 03-5232-0586

☆2017年度 シェルター・メディシン・セミナー「より良い譲渡に向けて」
 日時:2017年12月9日(土)  第3回 シェルターにおける疫学と頭数制御
     2017年12月10日(日) 第4回 災害獣医療、動物虐待
     10:00〜17:00
 場所:日本獣医生命科学大学 E棟 111教室
 問い合わせ:(公社)日本動物福祉協会 http://jaws.or.jp/
  Tel 03-6455-7733 Fax 03-6455-7730

☆「SAVE THE LIFE チャリティTシャツ」プロジェクト〜人と動物が幸せに暮らせる社会のために私たちに出来ること〜
  チャリティTシャツをご購入いただくと、その収益の3%が公益財団法人 日本動物愛護協会に寄付されます。
  シュシュコウベ楽天市場店 http://item.rakuten.co.jp/chouchoukobe/ft6207/


☆「知の市場」2016年度後期受講者募集
  理念:学生・院生を含む社会人向けに総合的・実践的な学習機会を提供している公開講座です。
      自立的で開放的 な協力関係を形成しながら、人々が自己研鑽と自己実現のために立場を越えて
      自ら活動する場として、2004 年に開講してか ら、2 万8千名以上の方が受講しています。
  問い合わせ:「知の市場」ホームページ http://www.chinoichiba.org/


☆2016年度シェルター・メディシン・セミナー 「より良い譲渡に向けて」
  2年間全4回の講演予定(2016年12月、2017年7月・12月)
  日時:上記に第2回講演を案内しております
  場所:日本獣医生命科学大学 
     JR中央線 武蔵境駅 徒歩2分
  受講料:無料
  問い合わせ:(公社)日本動物福祉協会 Tel:03-6455-7733 Fax:03-6455-7730  http://jaws.orjp/


<映画・DVDのご案内>
☆「ネイチャー」BBC製作ネイチャードキュメンタリー

☆「夢は牛のお医者さん」少女が抱いた、小さな夢の大きな物語。
 
☆映画「いのちの食べ方」 食べ物があなたの食卓に並ぶまでの驚くべき旅 
 見つめよう、そして知ろう。自分たちの業と命の大切さ、そして切なさを。
 各映画祭受賞作品 「食」のドキュメンタリー

☆映画「ライフ ONE LIFE いのちをつなぐ物語」
 「アース」「オーシャンズ」を超える、BBC製作ネイチャードキュメンタリーの集大成
 
☆映画「セヴァンの地球のなおし方」
 「どうやってなおすのかわからないものを 壊しつづけるのは もう やめてください」
 http://www.uplink.co.jp


◎動物の管理や販売方法、ふれあい動物の問題、動物倫理などのため、展覧会やドッグフェスティバルは、
お勧めしていません。

お勧め書籍他
獣医倫理入門〜理論と実践〜 竹内和世訳 浜名克己監訳 白揚社
 僕の恩師の最期の仕事、亡くなられた時に書斎の机上に開かれていた書籍
 奥様が志を継がれ、出版されました
 僕に、今までの自分が間違っていなかったことを教えてくれた本、そしてこれからの道を示してくれた本です

犬から見た世界〜その目で耳で鼻で感じていること〜 竹内和世訳 白揚社

ドッグウオッチング/キャットウオッチング デズモンド・モリス著 平凡社
 犬や猫の生態が良く分かります。ドッグ〜の訳者は僕の恩師の奥様です
 
Dr.ヘリオットシリーズ ジェイムズ・ヘリオット著 ハヤカワ文庫他
 高校時代にはまりました。父が対談した時には、サインを頂きました。
 
この犬が一番! 富澤勝 草思社
 犬を飼う前の方に特に読んで欲しい本です
 
ナチュラル・ドッグケア(同キャットもあり) ブルース・フォーグル著 ペットライフ社
 動物への愛情や考え方がすごく僕と合う先生で(偉そうですが)

COPYRIGHT(C)2005 動物病院 豊島区 東京都 久山獣医科病院 ALL RIGHTS RESERVED.